内側に潜む

 「Darstellung der inneren Wirklichkeit- Auseinandersetzung mit subjektiver Wahrnehmung anhand eines mehrdimensionalen Perspektivsystems-」(内側の写実表現ー主観的知覚と多重遠近法ー)」を主題として2013年より、現代絵画として人間の脳内おける主観的空間認識、そしてその表現の研究・制作を続けています。

     近年の研究で、脳に集められる情報の約80~90%は視覚によるものであるということが明らかになっています。また人体の構造的にも人は決して同じ世界を知覚できないことは、これまで心理学、哲学、脳科学などの多くの分野で研究が行われてきました。これらを通して見えることは、私たちは常に世界を個人的に、主観的に知覚しているということです。
  これまで数千年という長い絵画史の中で、多くの画家たちは「人間が知覚した立体世界を、平面にどう表現するか」という主題に向き合って来ました。

 

  そして、画家が制作を行い、鑑賞者が鑑賞するまでの工程の中で、二度の「主観」を経ています。一度目は作家が世界を知覚し、二次元に表現する時。二度目は鑑賞者が作品を知覚する時。つまりこの「圧縮と解凍」のプロセスの最中、作品は二度の主観的認識による変化を避けては通れず、その変化は両者の「主観的認識」に左右されます。人間は知覚した世界を、知識、経験、感情や記憶など、主観的なフィルターをかけて処理しており、これが主観的認識に大きな影響を与えています。

  私のこの研究作品では、人間が知覚し、そして脳内で再構成する「主観的な世界」を起因とする空間表現を行なっています。この作品では西洋、アジアの様々な時代に見られた特徴ある遠近法を組み合わせ、画面上に多重のレイヤーを作り出します。モチーフの前後関係を複雑に重ねることで、画面の奥行きを複雑化し、時間軸や認識のズレなどを表現しています。これはつまり脳内で再構築される前の、様々な要素で解体された純粋な知覚情報の抽出と、その再構築を行なっています。また前述したように、作家と鑑賞者の間で内在的に二度行われる主観的認識を利用し、鑑賞者がより自由に、そして主観的に作品を脳内で再構築できることを目的とした「装置」として存在しています。つまり私の作品は、作品単体で完結するものではなく、鑑賞者の主観性から生まれるいくつかのフィルターを通して分解され、鑑賞者の脳の中で改めて再構築されることで、初めて完成します。


  この内在的に潜む、作家と鑑賞者の間での二度のプロセスこそが、私のメインシリーズのタイトル《内側に潜む》の由来であり、これは美術の性質そのものを具現化していると言えるはずです。

Unterschrift.png